節約家と浪費家の結婚は?

節約家と浪費家の結婚は?

節約家は浪費家と結婚する傾向=米調査7月29日16時50分配信 ロイター

 結婚相手を選ぶ時、お金の使い方に関して自分と対照的な人に惹かれる傾向があることが、

米国で行われた調査で明らかになった。

この調査は、ペンシルべニア大学ウォートン校のスコット・リック教授とノースウエスタン大学のデボラ・スモール教授らが、結婚している夫婦を対象に実施。


節約家は浪費家と、浪費家は節約家と結婚する傾向があることが分かったとしている。

また、カーネギー・メロン大学のジョージ・レーウェンステイン教授は、

昨年発表した別の調査で、収入の額とは関係なく、出費することに

どれほどの苦痛を感じるかが、

貯蓄額やクレジットカードの利用額を左右していると指摘していた。

リック教授とスモール教授は、レーウェンステイン教授の調査によっ

て、お金の使い方が対照的な相手に惹かれる理由が説明できる

と指摘。

例えば、お金を使うことに大きな苦痛を感じる人は、

あまり苦痛を感じない人を、魅力的に思う可能性があるとしている。
【ニューヨーク 28日 ロイター】 ヤフーニュースより

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090729-00000800-reu-int


先ほどヤフーニュースを見ていたら上記のことが書いてあった。


 私は「自分が節約家か浪費家か」はわかっているつもりだが、

「自分と対照的な人にひかれるのか、へえそう?」と今頃わかって

も…もう遅いか…?


ウチはどちらも浪費家だとおもうんだけど、

選ぶ相手をまちがったかな?

結婚して?十年経ったけど、お金ゼンゼン溜まらないモンね。



とってもオススメ!保湿ローション

いまだそのクチコミは広がり続けるアメリカの大人気、
優秀保湿ローション!

セタフィル保湿ローション【HBWサプリメント】



とても優れた保湿力で慢性的な乾燥もしっとりすべすべに変えて、
お肌を柔らかくしてくれます。
お肌の潤いを十分与えて、超乾燥肌でも長時間保湿。
無香料なので使用時のにおいを気にせず使えます。
伸びがよくべたつきません。
普通肌の方はモチロン、アトピーでお悩みの方にも安心して
使えます。
モデル、セレブの間にも愛用者がたくさんいます!
お風呂上りにお使いいただくとぷるっとモチ肌に!
その使い心地を実感してみてください。



posted by 茉莉 at 20:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 結婚

恋愛じょうず

若い頃は誰でもそうだと思うけど、

「恋愛は生きるカテだ!」と毎日思っていたっけ。

世の中男と女しかいないんだから、
お互いに気持ちが惹かれあうことは、子孫繁栄のためにも
自然のなりゆき。
「生きるカテ」であっても少しもおかしくないね。

恋愛…からずいぶんと遠ざかってしまったアタシだけど。


さて今日は、友人やまわりの若い人たち、本や映画、演劇、

音楽などから得た感触から

こんな人は恋愛じょうずといえるかなあ

を勝手にならべてみたいと思います。



 恋人の【 幸せを考えられる 】ひと

 恋人を【 理解する 】努力ができるひと

 恋人の話を【 喜んで聞ける 】ひと

  恋人に【 注意を払うことが好き 】なひと

 男も女も 【 笑顔を絶やさない 】ひと

 恋人が、【 何が好きか? 】を解っているひと
    
  恋人が、【 何がイヤか? 】をわかっているひと

  恋人を、【 尊敬している 】ひと

  自分の【 欠点を理解できている 】ひと

 【 男女の性の本質 】を解っているひと

  【 性の技巧ばかりを追いかけない 】ひと

 【 自身の性を燃焼させられる 】ひと

  【 お金は好きだけど、お金を愛し過ぎない 】ひと

  【 猜疑心 】の少ないひと

  【 感謝する心 】を持っているひと

  女なら(男も)【 料理を作るのが好き 】なひと

  男なら(女も)【 想像力と冒険心がある 】こと

  女なら、【 控えめ 】なひと 【 控えめ過ぎない 】ひと

 男なら、【 覇気 】のある人


  女なら(男も)【 質素倹約 】が出来る人

  男なら(女も)【 正々堂々と生きられる 】人



まだまだありそうですが、これを読んで

【 フン!勝手なことばかりいって!】と思うひとは

ゼンブ無視してもいいよ〜ん。


要するに、「人間的に魅力のあるひと」だったかね?




posted by 茉莉 at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

子育てのよろこび

子育てのよろこび

子供たちがみんな成人して、その子供たち(私にはマゴ)の
様子を傍から見ていると、

「子供ってなんて可愛いんだろう!」
むかし子育てで苦労したことなど、みーんな忘れて目じりを
下げてしまっている。

世の中のおばあちゃん、おじいちゃんなんてみんな
そんなものだろうと思う。

生きている時間が残り少なくなっていくのに比例して
日々成長していく小さな子供の
「命のかたまり」を見るここちよさ!

さて、そんなちいさい子供が見せてくれる
「ある日のワンシーン」を紹介してみたい。

例によって、アメリカ在住の
わが長男夫婦の子供・・・名前はCoko. 3才半。

ママの育児ブログより転載。

ここから

↓   ↓   ↓

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 その1)【うるさい!】

Cocoはテレビを見るときにすごく集中する。
トーマスの DVD の事故シーンで、私が「あっ!」とか
「たいへーん!」とかコメントをするととてもうるさがる。

今日も事故のシーンで私が「はっ!」と言ったら、
すごく怒って「うるさい!」と私に言う。

「うるさいっていうのは失礼だから、静かにしてくださいって
いってください」と注意する。

次の事故のシーンで私がまた「ああっ!」と言うと、

私の肩をたたいて「しずかにしてください!」

  私「はい、すみません…」

 

 その2) 【 がっかりした 】

Cocoは「うんちをする」ことを「バコーンする」という。

彼が自分で考え出した擬態語だ。


さて、今日も朝から元気に「バコーンだ!」とトイレに入る。

彼はトイレのドアを開けておくのを嫌がるので、

ドアを閉めて「終わったら教えてね」とほうっておく。


いつもさっさと出てくることが多いのだが、今日はなかなか

出てこない。

しばらくすると「なんか、なんかね。でてこないよ。」と
言っている。
ドアを開けてのぞいてみると、不機嫌そうな顔でトイレから

降りている途中だった。「なんか、でてこなかった。」


どれどれとトイレの中をチェックすると、

しっかりとでているじゃないか。

「Cocoね、がっかりしたよ…。」憂鬱そうに言うCoco。


「でも、たくさんでてるから、いいんじゃないの?」

笑いをこらえながら私。

「もういっぽんでてこなかったよ…。」口惜しそうだ。

朝からかなり笑わせてもらった。


その3)【 えいごでなんていうの? 】

Cocoはモノには日本語の名前と英語の名前があることを
理解したらしい。

今朝、朝ごはんを食べながら父親に突然聞き出した。

「たまごやき、えいごでなんていうの?」

父親はちょっとびっくりして笑いながら
「そうだなー、オムレットかなー」と答える。

「じゃあ、トマトは?」「きゅうりは?」
「ブロッコリーは?」と次々と回りにあるものの英語の名前を聞く。

「じゃあ、ミルクは?」「ミルクはミルクだよ」と父親が答えると、

「ちがう!ミルク!」と英語の発音にして得意げに言う。

なんだか突然言語への理解が進んだ感じだ。

夜も絵本を見ながら、いろんなものの日本語の名前と

英語の名前の両方を言おうとする。

「じゃ、これは?」と私がカメラを指して聞いてみた。

すると、Cocoは「シャッシーン!」と英語風の発音で答える。

ケラケラと笑っている私を見て、ココは嬉しそうにニヤニヤした。
 
ここまで

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

…どこにでもある幼児と母親の日常の会話であるが、


こんな時期の幼児のおしゃべりこそ、「子育てのよろこび」を

味わわせてくれるカミサマからの大きなプレゼント

じゃないかな、と思うのだ。











posted by 茉莉 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 子育て

育児の妙味

育児の妙味

ここしばらくはブログ更新が滞ってしまいまして…

この変にながーいブログタイトル

「恋愛・結婚・お金・人間関係の悩みをぶっ飛ばすオモシロ
講座」
というのは、実をいうと

以前に、神戸市内で通っていた
「ブログでアフィリエイト実践教室」というところで
教えてもらったときに

先生は「自分の興味あるテーマで何か書け」という
お達しを出されて、それに従って
「ワタシが興味のあるのは人生一般すべて」と答えたら、

「そう、それ全部なんでもいいから
書いていきなさい」とおっしゃるので、

こんな長いタイトルになってしまったわけでアリ…


べつに読まれた方にはなんの感銘も受けないであろう
内容の
「ひとりごと」なんでありますがね。

世間で跋扈(ばっこ)している「日記ブログ」は
みーんなひとりごと、なんですがね。


さて、この表題でひとつ抜けていた「興味あるテーマ」
を、最近特に書きたくなってきたので、
別にブログを書きはじめましたワ。

(ブログは今のところ11個アリ。アフィリエイト用のものね)

そのテーマは「育児・子育て」であります。

自分の子供はもう3人とも大人になって子供ももうけ
親たちは、子育てにまい進している日々ですが、

側で見ている(距離的にはみんな離れているが)
おばばとしては、自分の子育て時代のことを思い出したり

「フーン、今の親たちはこういう風にして子供に接しているのか」
と感心させられたり、時代の流れを日々感じているわけあります。

その中で最近面白く感じた「子育てエッセイ」の紹介を、

…長くなったので、続きは明日に…ね。










posted by 茉莉 at 12:50 | Comment(3) | TrackBack(1) | 子育て
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。