サンタさん来たよっ! サンタさん来たよっ!

サンタさん来たよっ! サンタさん来たよっ!


毎年クリスマスには、孫たちのうれしそうなたより(メールとか電話)が
バーバのところに届いて、笑わせてくれる。

メールには画像がついていて、5歳と1歳の幼子がおもちゃや絵本やゲームなど

プレセントをいっぱい抱えた最高の笑顔で

「おばあちゃーん。いい子にしていたからサンタさん置いていったよ〜〜」

と声がついている。

「そう、ヨカッタねえ〜」と返事をしておいた。


つぎはアメリカにいる長男の息子Coco(5歳)からも、

いつものようにママがブログで報告してくれた。


クリスマスの朝

前の晩いい子をアピールしまくって早く寝たCoco。

朝、飛び起きるのかなと思ったら、

目が覚めても布団の中でごろごろしている。

朝からちょっと暗い天気だったから、

まだ朝じゃないと思っているらしい。

「まだ、夜だねえ…」とつぶやきながらごろごろしている。


と、外から車の防犯アラームのような音が遠くに聞こえてきて、

すぐに消えた。

Cocoははっと頭を起こしてささやく。


「今の何の音?」

「さあ。車の音じゃない?」

「サンタの鈴の音じゃない?」

「いやあ、たぶん違うなあ」

その後、しばらくごろごろしていてこう聞いた。


「もう朝?」

「そうだよ。」

「サンタ、来たかな?」

「来たんじゃない?」


「ぼくのプレゼントは?」ちょっと涙目。


「え、だってサンタは居間のツリーの下にプレゼントをおいていくんだよ。」

「でも、鈴の音聞こえなかったよ…。」半べそ状態。


あ、そうか。

サンタの鈴の音が聞こえなかったから、サンタが来なかったんじゃないかと

心配しているのね。

意外に小心者だ。

「きっと寝ている間に来たから鈴の音が聞こえなかったんだよ。

ツリーのところ見ておいでよ。」

「え、お母さんも一緒に…」

どうやら、もしなかったらと思うと恐ろしくて一人で行けないらしい。

そんなに自信がないんだ。確かに悪がきだからな。

「じゃあ、一緒に行くか。」


のそのそと立ち上がる私。寝室からでるとすぐにツリーが見える。


「あ、あったー!お母さん、あったよー!あったー! 

あったー!」


突然、別人のように大はしゃぎ。ほんとよかったね。


  (息子のお嫁さんの育児ブログから転載...ウルウル涙)




最後は、バーバへのサンタさんからのプレゼントの話。


1歳から9歳まで孫5人たちへのクリスマスプレゼントを、今年はちょっと張り切って、

アルバイトして貯めたかなりのお金を張り込んで贈った。

数日前に、何軒もはしごをして買い物を終えてから、ついでに余った千円札で

何気なく宝クジを一枚買ったんだ。


なんとなく予感がしたのでその夜、ネットで調べたら、

な、なんと「ナンバーズ4の2等9万2千円!の当たりーっ!」

(なぜかいつもの2等賞よりかなり多い金額!)」

 
ワタシってほんとによく当たるねえ。

どういう原因で当たるのかいまだに分からないわ。


時々買うけど、数字ヒト任せのジャンボとかは買ったことない。

「4つの数字を選ぶx5回=千円」だけのナンバーズ4だけど、

今回は孫5人の「誕生月と日」を

並べたのがヨカッタのかな??


  サンタさんアリガトウ!!としか言えないんだ。



今年もあとわずかになりましたね。

来年こそ、もっとマメにブログ書くことに決めました。

どうぞよろしくっ。まだ3日あるけどね。

posted by 茉莉 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。