パンダ コパンダ

パンダ コパンダ

クリスマス プレゼントの紹介ばかり続きますが

最後にオススメしたいのは…

ゼッタイ喜ばれる小さい子(男女とも)に贈る
クリスマス プレゼントはこれ!!

30年以上も昔に作られたのに、今も知る人ぞ知る宮崎駿作品。



パンダ コパンダ.jpg



パンダブームにわく1972年に公開された「パンダコパンダ」
シリーズは、宮崎駿(脚本)と高畑勲(演出)という
「黄金コンビ」が手がけた劇場用短編アニメ。
「となりのトトロ」や「ハイジ」「崖の上のポニョ」の原点とも
いわれる。
 
このDVDは
第1作『 パンダコパンダ』と 第2作『 雨ふりサーカス」
の二つが収められているので、少し高い価格(6000円中古4100円〜)
だが、1作だけだと3911円。2作目の「雨ふりサーカス」がダンゼン
オモシロイ!!!なのだ。2作目だけのDVDはないのが残念。

おばあちゃんと2人暮しのミミちゃんだったが、おばあちゃんが
遠くに出かけることになり、ミミちゃんはひとりお留守番。
そこに言葉を話すパンダの親子がやってくる。

ずっとパパと弟がほしかったミミちゃんはこの予期せぬ客に大喜び。
家族として暮らし始めるのだが、動物園の人が探しに来たことから
大騒動に…というのが、第1作。
第2作『雨ふりサーカス』は、第1作で大団円を迎えて一緒に
暮らすことになったミミちゃんとパンダ親子の家に、サーカスから
逃げ出してきたトラちゃんが闖入(ちんにゅう)することから
幕を開ける冒険談といった趣き。

アニメ映画黎明期らしいのんびりとしたストーリー運びながら、
見せ場はきっちり作られており、その後の宮崎・高畑の作品に通じる
完成度の高さを垣間見ることができる佳作。
なかでも第1作には、『となりのトトロ』などの原点といえるような
シーンが点在している。
もちろんそんなことを考えなくても、ミミちゃんの元気のよさと
パンダ親子のかわいい仕草に目がくぎづけの楽しい作品だ。
(アマゾン商品紹介・安川正吾・より引用)



アマゾンのブック?レビューの数の多さを見ても

沢山の人(大人)に認められている作品です。

(ウチの孫たちも喜んだのなんのって)

何年間も、時々思い出したように観ています。







 


posted by 茉莉 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。