侍ジャパンの命名者は?

侍ジャパンの命名者は?

野球WBCで日本が優勝して、世界一になってから5日も経っている

のに、テレビではまだ連日「日本人大コーフン!!」の画像を

流していますね。

今の社会の閉塞感から脱出できる数少ない「良きできごと」なので

しばらくは余韻にひたっていたいですが…


阪神ファンの私としてはなんとしても、藤川球児選手を

最後のストッパーに使って欲しかったよ。原監督!

ゼッタイ韓国を抑えてくれたと思う。

(ダルちゃんもよかったけどね)。


さて、おととい目にした記事で「全く同感!!だよ」と

感じた記事を紹介したいと思います。


ここから

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イチローを超えるかもしれないWBC連覇の功労者は誰か?

WBCは、痺れた。

侍ジャパンの連覇は、経済に活力を生み出す良い材料。

そして、その優勝の裏にあった深いイイ話を読むと、

さらに日本人であることを誇りに思う。

そこに、イチロー以上の連覇の鍵が見えてくる。


準決勝のアメリカ戦の翌日。

産経新聞の朝刊に、小さなコラムが掲載されていた。

ニューヨークタイムズ紙が伝えたベテラン・スカウトの

コメントが紹介されている。


『日本の試合前の守備練習にはうなる。そこで、選手が捕球する

ゴロの数は、大リーグの選手の一週間分より多い。

日本選手の基礎の確かさが、これでわかった』

さらに・・・
『コーチのノックのうまさはどうだ。右に左に打ち分け、

バックハンドで捕球させ、強いワンバウンドを打ち、

バックスピン、トップスピン、緩いゴロと千変万化。

ノックするコーチと捕球する内野手の動きがシンフォニーの

演奏のように正確に連動し、野球の美しさとはまさしくこれ、

と舌を巻いた』とある。



侍ジャパンには、現役の一流選手を支える、元祖サムライ達が

居たのだ。

ドジャース球場での試合前の守備練習。

米国のスカウト達から、それは、侍達の厳粛な稽古や鍛錬に

見えたのだろうなぁ・・・。


イチローは、優勝が決まったあとの共同記者会見で、

「侍ジャパン」と命名されたことに、最初の一番高いハードルが

あったと回想していたが・・・


今回のWBC連覇の最大の功労者は、

侍ジャパン】という命名者ではないだろうかと考える。


「長嶋ジャパン」「星野ジャパン」「ジーコジャパン」…

その流れを継承せず「原ジャパン」と呼ばせなかったことに、

原監督の采配の妙を感じるのは、私だけだろうか。

「侍」を主役にしたチームづくりは、大成功だ。


「星野ジャパン」は、五輪で惨敗した。

星野監督のためのチームは、日本のための「侍」に

成りきれなかったのだ。


選手達が「侍」と呼ばれ、マスコミで「侍」と連呼され…

そのモチベーションは、さらに上がったのだ想像する。

そして、練習の時から、一部のスキも見せない華麗な

連携プレーを魅せた。

ノックをするコーチまでも、元祖「侍」であった魂を

思い出させた。


「侍ジャパン」の命名者に、やっぱり一票だ。

「原ジャパン」だったら、こう上手く行ってなかった気がする。

ネーミングの勝利である。これって、あると思う。

(引用ここまで)

ライブドア ズポーツニュースより(3・27)
中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 
株式会社キナックスホールディングス 代表取締役社長

3月27日

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ウーン!!

「侍ジャパン」の命名者はいったい誰なんだろうなあ?






posted by 茉莉 at 10:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いきなりのコメント申し訳ございません。このたび恋愛に悩んでいる方のためにレビューサイトを立ち上げました。不躾なお願いですが、知っている商材等がありましたら、感想などを記載していただけないでしょうか?抽選でクオカードをプレゼントしたりもしておりますので、ぜひご協力頂けたらうれしいなと思います。では失礼いたします。応援ぽち!
Posted by 桜木裕一 at 2009年03月29日 17:46
桜木裕一さん

コメントありがとうございます。

恋愛関係とは、名ばかりの私のサイトと違って

桜木さんのところは、お役に立ちそうな
商材がたくさん紹介されていて、ほんに
楽しそうですねえ。半時間ばかり読ませて
いただきました。

1)【全額返金保証付】元サクラが語る!出会い系サイトのサクラを確実に見分ける方法

2)潜在意識レベルで女性を洗脳し恋人にする禁じられた手法。女性の正しい操り方を教えます。


こんなの、私がオトコだったら思わず買ってしまうかもね。
それにしても、よくぞ調べましたね!
「レビュー書く」のはまだまだ役不足で
ゴメンナサ〜イ!

Posted by 茉莉 at 2009年03月31日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116384258

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。