アセンションの時代

アセンションの時代



「アセンションの時代
迷走する地球人へのプレアデスの智慧 (単行本)
バーバラ マーシニアック (著), 紫上 はとる+室岡 まさる 翻訳),
小松 英星(解説) 風雲舎 2100円




「アセンションってなに?」と思われたあなた!

「次元上昇」と訳されるらしいですが、

いま精神世界に興味ある人々のあいだでは、大変関心が

もたれているようです。アセンションに関連する本は数十冊も

出版されているようですが、(私は12冊読みましたが)

この本が一番すばらしいでした。


“アセンション”とは次元上昇のこと。
つまり物理学的“三次元”
の世界から“四次元・五次元”の世界へと次元が上昇する。

すると地球はどうなる...?人類のゆくえは ...?


“アセンション”と“フォトンベルト”が同じ意味を持つ言葉だとは

知らなかった。

では、我々は2012年12月に向かってどうすればいいのか?

(中身を解説するチカラが私には不足しているので、これ以上は

興味ある方は「アセンション」で検索してくださいね。)


精神世界等に関する本を数々読んできましたが、これほど具体的に

人類が現在置かれている状況及び、今後の人類が進むべき方向を

明確に述べている本はなかったと思います。
 
翻訳文は少し分かりづらい箇所もあるので、

最後の「小松英星:解説」から入ったほうが、

理解しやすいと思います。

船井幸雄さんも盛んに宣伝されていますが、

 今、時間の加速を感じている方、

 世界中で 起こっている異常な現象
(気象、生物の異常減少、病気、政治、経済、戦争など
今までにない世界的な混迷)


に 気づいている人は この本に 自然に 出合えると 確信します。

 現実創造、宇宙の流れと個(自分)の関係、

エネルギ−と波動、多次元的存在の自覚、

そして「エンパワ−メント」というような今自分自身が

謙虚に取り組むテ−マが書かれているのには、

強い共時性も感じました。

いま、よく売れている 坂本 政道の「ヘミシンク」関連の

本も合わせて読まれるとよく理解できますよ!


90年代後半にノストラダムスの予言が火付け役になって

「終末論」関連の本がやたら売れた時代がありました。

そして、ここにきて待ってましたとばかりに「アセンション」。

いまや「アセンション」は一大ムーヴメントになりつつあり、

かなりの熱を帯びてきましたが、

反面、言葉が一人歩きしているところもあるように思います。


しかし、そんな中でもこのバーバラの「アセンションの時代」は

 
数多くあるスピリチュアル書の中で、

より良い人生を送るための必読の一冊だと思います。


オススメ!! です。

ネットで検索する「アセンションとは何か」

ココがおすすめ!!













posted by 茉莉 at 12:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 精神世界
この記事へのコメント
はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/
Posted by みき at 2009年09月07日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126811274

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。