祝!岡田ジャパン・W杯決勝トーナメント進出!

祝!岡田ジャパン・W杯決勝トーナメント進出!


 \(^o^)/ ばんざ〜い \(^o^)/


 ◆日本3対1でデンマークに勝利!
 あーあ、ついにやったわね。岡田ジャパン

 今朝の3時半から日本中のサッカーファンや、
 にわかファンがあちこちで大騒ぎ。

   (ニュースより)

   岡田武史監督(53)率いるサッカー日本代表は24日、
   ワールドカップ南アフリカ大会1次リーグ第3戦で
   デンマークと対戦、3─1で快勝して、勝ち点6のE組
   2位となり、自国開催以外のワールドカップで初の
   決勝トーナメント進出を決めました。

        
 
 もちろん、わたしも、
  リアルタイムで観戦、応援していましたよ〜ん(^。^)v

 おかげで、寝不足頭はフラフラなのに、早朝から
 あちこちのテレビで本田と遠藤両選手の素晴らしい
 FKシーンを何回も流すもんだから、
 またまた観たくて、眠ることができなかった。

 
  ほとんどの日本人は、初回のカメルーン戦も今回の
  デンマーク戦にもまさか日本が勝つとは
  思っていなかったわね〜〜

  いや〜、理想通りの試合展開でしたよね。
  前評判を完全に覆した日本代表カッコイイ〜(≧▽≦)

  世の中、暗い事件や、
  不景気で先行き不安な空気の日本。

  そんな中、ジャパンの快挙は我々に勇気を
  与えてくれました(^。^)

  でもね〜〜

  本田や遠藤、岡崎選手、GK川島選手の大活躍、
  また今までには見られなかった
  「全員がひとつにまとまったチーム力」には、
  とっても感動させられたけど
 


  残念だったのは…今までの司令塔  MF中村俊輔の出番が
  (負けていた二戦のオランダ戦にちょびっと出ただけで)
  ほとんど観られなかったこと。

  あーあ、残念無念!!


  この選手は、なぜかおばさんたちに熱烈なファンが多くて
  私の周りにも、「岡田サン、なんでシュンスケ出さないんだあ」
  という声が多いのだ。
  華麗な(というより優美な)左足シュートにしびれるわけ。
  国外での活躍は、もう過去の栄光になっちゃったの〜〜ん?
  

 

  でも、しかたないかもねえ。

  

  過去にも…

  2002年の日韓W杯では、トルシェ監督の選考基準に合致
  しないで(直前の足首のケガもあり)
  大方のファンの期待を裏切って召集されず、

  2006年のドイツ杯(ジーコ監督)でも、これもまた
  直前になって足の爪がはがれたり、風邪で高熱が出たりで
  持っている力を発揮できず…

  今回はメンバーに選出されたものの(直前のケガ?もあり)
  
  先発は本田選手に取って替わられ…

  本田は見事栄冠を勝ち取ったがな。
  
  (シュンスケって、悲運の男なのかなあ)



    第二戦のオランダ戦で負けている場面で後半から中盤の
    右サイドで途中出場。しかし、センターライン中央付近で
    二度も奪われ、カウンターの起点となりGKと1対1の決定機
    を作られるなど低調なパフォーマンスを見せただけであった。

  なるほど、なるほど俊輔から本田に変えた岡田サンの采配は
  大当たりだったのか…

  シュンスケさん、かわいそう(泣)

  こんな記事↓を読んでもうれしいような悲しいような複雑な
  気分であった。
  あ〜あ。


  (記事より)
  

  オカちゃんの采配、ズバリ、大当たり (^。^)v

  あの釜本さんに言わせると、
  
  今回の、岡田監督の敷いた、
  中村俊輔選手を外して、
  本田選手をトップに持って  いった布陣、

  【大英断の陣営】だそうで、
  「普通では、できない!」 と言っていました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  
  何はともあれ、岡田ジャパンの選手諸君!!


  次の「6月29日のパラグアイ戦」も勝利して
  日本を元気にしてちょうだいね!


  シュンスケくんの出番が
  ちょっとでももありますように(祈)
  (32歳の誕生日おめでとう!!)
  まだまだ若いぞーっ!! 
  
  
   


      

  


 

     

  

        

 


posted by 茉莉 at 21:21 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「日本代表の癌」こと中村俊輔がいないだけで、
ボール、廻る廻るw
日本、攻める攻めるw

いかに中村が足枷となりブレーキとなっていたかですね

ドイツでも発熱だの爪が割れただの、
南アではケガ?だか体調不良だか知らないけど、
コンディション作れないのは本人の責任だよね
世界の一線級に通用しない言い訳にしか聞こえない

オバチャンが俊輔好きなのは他に誰も知らないからじゃない?
分不相応な持ち上げ方をされたあげくメッキが剥げて辛い思いしてるだろうねw

中村を選ばなかったトルシエ監督、
中村を使わなかった岡田監督は正解!
Posted by 中村不要 at 2010年06月25日 22:06
コメントありがとさんですっ。

今、殆どの岡田ジャパンファンはあなたと
同じ意見を持っているだろうなあ。

でもさ、
中村俊輔フアンとしては、あれだけ
活躍したんだから、「若き英雄(本田)が
出てきたからといって、「老兵は去れ!今までの
負け試合はお前のせいだったんだぜ」みたいな
言い方はむごいと思うわけ。

もうちょっと見ててちょうだいっ!よ。
Posted by 茉莉おばさん at 2010年06月28日 10:36
「あれだけ活躍」って、そんなに活躍しましたっけ?w

スコットランドプレミアリーグなんて、
欧州じゃ最下層リーグじゃない?
チャンピオンズリーグでもFK以外は全く存在感無かったし
ちょっとでもプレスをかけられると前を向けない、
前に行けない…

中村俊輔がスコットランドに行ったのは失敗だったと思いますよ
弱小リーグ中の最強チームで弱い者イジメばかりして、
楽なプレーに逃げて来たツケが回って来たんだと思うね
レンジャース以外は激弱クラブしかいないから、
好き放題やれるし、パス出したら回りのゴツイ仲間達が勝手にやってくれるしね

中村がアジア限定で輝けたってのはその辺りに理由があるのかもね
あまり強くない相手に楽して勝つのは上手いけど、
ガチンコで格上と競り合うのは苦手、みたいなね

だいたい海外リーグ行った人はフィジカル強くなったり、
自分で前に向かって点を取りに行くようになる人が多いのに、
中村は逆パターンになってしまったよね
スペイン行っても全くダメだったのも頷けるよね
で、ダメなのは監督や戦術やチームメイトのせいだと、
また言い訳してたんだっけwww

全然「攻撃的」じゃない「攻撃的MF」は、今までも、これからもいらないでしょ
今回代表が活躍してるのを喜べば喜ぶ程、
ドイツ大会の無念さが思い起こされて来ますわ
Posted by 中村不要 at 2010年06月28日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。