母は強し

母は強し

久しぶりのブログ更新です。

5月の連休が終わって、12日に私の義母が
あちらの世界へ飛び立っていきました。

2週間の入院生活では、少しも苦しまないで眠るように
なくなりました。

母親業ひとすじに生きた、94歳の見事な人生でした。

いつも前向きに明るく生きて、94年の間に入院したことが
1回もない(お産も昔だから自宅出産です)のが自慢でした。
巷でいわれる「健康で長生きする生活法」を実践したお手本
のような人でした。


28歳の時に42歳の夫が病死して、
8年間の結婚生活でもうけた4人の子供のうち、
1人は戦中の学童疎開先で病死し、

3人の子供からは、7人の孫ができ、全員が結婚して
11人のひ孫が生まれました。

おばあちゃんは、生きているうちに、
ひ孫たち全員をその腕に抱くことができていました。

小さな赤ちゃんを、自分の子供と勘違いして
すぐに背中におんぶしたがるので、孫たちの若いお嫁さんは
困っていました。でもみんな少し呆けてきたおばあちゃんに
優しく相手をしてくれました。

告別式ではアメリカに居る孫(私の長男)夫婦と
ひ孫ひとりを除いて、全員が集まりました。

子供やその連れ合い、孫たちは全員声をそろえて

「おばあちゃん、あなたは本当にえらかった。
これからはゆっくりと楽しんでね」とお別れしました。

私はまた、この動画を観て泣きました。
おばあちゃんが「いなくなった」のではないと、
理屈では理解していたんだけどね。

Walking Tour

28歳で未亡人になって、それから私の夫(まだ1歳!)を
抱きかかえて、新聞で見た「先生募集します!」の記事に
飛びついて、夜学へ通い、小学校の教師免許を取り
(女学校しか出ていなかったのですが、戦中の男子教師
不足が幸いしたのでした)

それから、必死でみんなを育ててくれました。
戦中戦後は、教師の仕事のあいまに、家庭教師や
食堂のお皿洗いまでして夜中まで働いたといいます。

戦後は、自分の子供を食べさせるだけでも大変ななか、
親を亡くした浮浪児(戦争孤児)たちを一時期あずかって、
お世話までしたそうです。
学童疎開先でなくした10歳の長男の身代わりに
感じていたのでしょう。

自分でいうのも変ですが、私の夫(おばあちゃんの末っ子)は
学校の成績はよかったので、大阪から東京の国立大学
(石原東京都知事と同じ大学)へ行かせて貰い、
他のみんなも大学へやり、

夫は商社マンとして海外駐在などもして、おばあちゃんと
家族は一緒にあちこち海外へ遊びに行けました。
とっても楽しそうでした。

それから孫たちも、みんな頑張って、京大、東大、早稲田、
関西大、鹿児島大、東京女子大
(塾の宣伝?みたいでアホちゃうかですが)などなどを出て、
それぞれ望む会社に入って、
それぞれ望む人と結婚して、
人並みの幸せな毎日を送ることができています。

(身内自慢のようで恥ずかしいですが、おばあちゃんのことを
自慢したかっただけですので、許してね!)

みんなこのおばあちゃんの有形無形のチカラが
働いていたのは確かです。
「親の背中を見て育つ」ではなくて、わが一族は
「祖母の背中を見て」育ったのです。

一族の中に莫大な資産を作っておばあちゃんに
贅沢な生活をさせてやる人は出なかった(ハハハ)ですが、

孫やひまごたちに囲まれてみんなから本当に慕われて
晩年は幸せな人生だったと思います。

私の両親は、私の結婚時にすでに病死していて、
このおばあちゃん(姑)との仲は、自分の親よりも倍も長い
付き合いなのですが、「くよくよしない楽天的性格」は
共通していて、実の親子のように気の合う仲でした。

夫が脱サラして興した会社が倒産して、自宅も財産もすっかり
なくして、おばあちゃんの為に建てた部屋もなくなったときは
さすがに淋しそうでしたが、

「なあに、人生、悪いことばかりは起こらないよ」と
私たち夫婦を明るく励ましてくれました。

おばあちゃんが最後に2週間暮した病院では、
完全看護のために、
私は毎日ただ付き添って、おしめの取替えと
足をなでさすってあげることしかできませんでしたが、
ただ「ありがとう!ありがとう!」としか言えない日々でした。


…以上が、最近私の身の上に起こった「姑を見送った」ご報告です。

何がいいたいかというと、「母は強し」のひとことです。

おばあちゃんが実行した

「思いやりの心」

「身を挺して子供のしあわせを願う心」

「感謝の気持ちを失わない」

「人生、楽しんだもの勝ち!」といった生き方は

とてもありがたい教えとして

私も受け継いでいきたいと思うことしきりです(合掌)。

























posted by 茉莉 at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ときには涙を…

ときには涙を…

ある人のサイトで見つけた
「泣ける本」というご案内の中にあった
ふたつの「泣ける動画」のご紹介をしたいと思います。

他人さまのサイトからの引用ばかりで申し訳ないですが、
事情があって、私はいま、ハイの気分でありまして、

「喜んだり泣いたり」で感情の揺れがはげしくて、
気分を鎮めるためにブログで発散してしまいました。
ゴメンナサイ!

でも、この動画も前回のに負けないほどスバラシイもので
あることは、確信を持って言えます。オススメします。
ぜひご覧ください(メディア・プレイヤーのソフト
導入されていますか?)

__________________________________________

ひとつめの動画
Walking Tour

紹介者「本のソムリエさん」のおことば。
(作者)Flash by Sapara
なぜ、人は歩き続けるのか。それはね・・・。
フラッシュの映像で、これだけ泣いたのは初めてです。

私の感想
「千の風になって」を動画にしたような。
スピリチャル系の?動画。
バックの歌もすばらしい。
Plsnetes(プラネトス)とありますが、たしか漫画(アニメ)
にあったあれのテーマソングかな?
どなたかご存知のかた、教えてください!


___________________________________________
ふたつめの動画

たったひとつのたからもの

これはもう、明治生命(現明治安田生命)保険会社の
テレビCMで流れたので有名です。
CM「あなたにあえて」シリーズの2003年度版です。

孫を持つ身としてはいつ観ても、涙があふれます。

小田和正の歌もすばらしい。

 
「引用先」  読書普及研究所 
メルマガは私も大のファンです。

1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』30,666部 まぐまぐID:0000094236
まぐまぐ大賞第1位!(ビジネス・キャリア部門)『本のソムリエ』が、最新のビジネス書、先哲の名著のポイントを紹介!  
「一日一冊本を読み、その中から真に豊かな人生を達成するための秘訣を紹介」することをテーマとしております。


発行者は、
仙台在住の40歳のサラリーマン「本のソムリエ」さんで
メルマガは
『まぐまぐメルマガ大賞2006「ビジネス・キャリア部門第1位」
melma!『メルマガ オブ ザ イヤー2006』アート&カルチャー
部門第1位を獲得されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ついでに、最近私が何度読んでも泣ける本は…

日本生まれのイギリス作家「カズオ・イシグロ」の

わたしを離さないで (Never Let Me Go)」です。

名作「日の名残り」を超えるイシグロの最高傑作(だと思う)。

特殊な世界に住む残酷な運命に翻弄された若者たちの
一生を描いた作品ですが、著者のどの作品をも超えた
鬼気迫る凄みをこの小説は持っています。

ちかいうちに、このカズオ・イシグロの本の感想文を
アップしたいと思います。


…白状しますと、ただ今神戸の自宅から東京に来て
おりまして、

35年間同居している94歳の姑が
最近遊びに行った先、夫の姉の家で脳溢血で倒れ、
ただいま意識不明の状態でありまして…
うろたえております。


このおばあちゃんは28歳!で夫に先たたれ、
それから小学校の教師の資格を取って
私の夫を含めて4人の子供をひとりで育てた
エライ人です。

長男は小学4年生で学童疎開先で病死しました。
(トミオ少年のことは本にも書きました)

私はこの姑をとっても尊敬しています。
若いときは、ご多聞に漏れず、嫁姑のあつれきも
多々ありましたが、「28歳からずっとひとり身を通した」
そのことだけで、無条件に尊敬してしまいます。

年が年だけに、いつまで持つか?という状態なので…

それで、今回は

「いのち」に関連する動画や書物のことを書いてしまった
ワケです。

それで、このふたつの動画を観ると泣けて泣けて。




posted by 茉莉 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

もうYouTubeったら!

もうYouTubeったら!

忙しい、忙しいと言いながら、最近
YouTube(動画配信サイト)で遊んでいる私です。

きのうも、私の愛読している
ふたつのメルマガでこんな動画が紹介されました。

ハマッテいます!!

_____________________________

ひとつめは、これ

秘蜜 http://www.healthyhappyriches.com/the_secret.html


おずさんのメルマガ

「 ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万円 」

  http://oz8.buroguafirieito.com/post_442.html  から

(紹介文)

■秘密

 おずです。

 とあるビデオをみました。

 最初は、なんかのギャグかパロディだと思いました。
 しかし、みていくうちに、分かりました。

 これは、「あのこと」を言っている、と。

 私が実際に体験している最中の

 「あのこと」を言っている、と。

秘密→ http://www.healthyhappyriches.com/the_secret.html


 この「紹介文」うまいっ!
(おもわずクリックしてナットク!!)
やっぱり「あのこと」をいっているのでした。

   _____________________________________

ふたつめは

安達正純さんのメルマガ

『あなたは人生の創造者!』
 
 http://ejinsei.ti-da.net/  から


「動画」 http://www.youtube.com/watch?v=tT8jA_pps3o&eurl

「紹介文」

 「 問答無用 」 

 やりたきゃ、やりゃいいのね!


 この「紹介文」にも、ざぶとん一枚っ!



何度見ても楽しい。

落ち込んでいる時に観るといいかもよ。

1個だけでなく、3個 観ることをおすすめします。
(メルマガからでなく上記 YouTube からなら
 数個見られます)

haru11-0800.jpg

↑ ↑
こんな心境になれたよ。

Where the Hell…?





 

posted by 茉莉 at 11:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

尾崎豊ふたたび

尾崎豊ふたたび

4月も中盤に入ると、私はいつもそわそわして
NHKの番組をチェックします。

というのは、26歳で夭折した天才ロックシンガー
尾崎豊の特別番組が毎年のように、命日4月25日近く
になると、BSで放映されるからです。
去年はなかったけどね。

15年も前に亡くなっているのに…今、生きていれば
もう40歳のオジサンなのに、ファンの心の中では
いつまでも26歳の青年のまんまです。

家族全員から
「おかん、あほちゃうかあ」
…と合唱されながらも、いまだ
彼のことが忘れられない…永遠の恋人です。
前世では、きっと私の息子だったに違いない(あはは許して)


今年はNHKBS−2で、
4月28日(土)夜8時から2時間

 BSエンターテインメント 
「尾崎豊 15年目のアイラブユー」として放映されます。

HPでの紹介 
=========================
1992年26歳で息を引き取った
天才シンガーソングライター、尾崎豊。

彼は生前、多数の曲を残したが、なかでも代表曲
「I LOVE YOU」は、アジア各国の歌手にカバーされ
全世界で1000万枚の売り上げを記録したほどである。

また、 国内の若者からの崇拝ぶりは大変なものがあり、
「10代の教祖」とも言われた時期があった。

番組では、15年たった今もその衰えない人気に応え、
没後15年にあたるこの4月に(命日は25日)
改めてその足跡をたどる。
生放送で視聴者からのメッセージ をご紹介しながら、
貴重なライブ映像もふんだんにお送りする。

========================

尾崎豊は、よくジェームス・ディーンと比較されますが、
私にはどうしても
フランスの名優「ジェラール・フィリップ」に重なって
しまいます。
(彼もまた36歳で夭折しています)

フランス映画「モンパルナスの灯」は

貧困と病苦のうちに、36歳!にしてモンパルナスに果てた
エコール・ド・パリの異色画家、モジリアニの晩年を描いた
作品ですが、この時のジェラール・フイリップがどうしても
尾崎に重なって見えるのです(孤独でエキセントリック、
破滅型、反骨精神を持った青年の姿に)。


以下は、あちこちで拾った「尾崎豊のスケッチ」です。
========================

見目麗しく、細身で、猫科の野生動物を思わせる
しなやかな身体は、時に同性さえドキッとするような
色香を漂わせる。
しかしその痛々しささえ感じる身体からは強烈な《光》が
発せられていて、その稀有な存在感と生き様に、
女性だけでなく男性までも魅了されてしまう。

「(男性が男性を見て魅了されるんですか?との問いに)
魅了されたんですよ。
(セクシーさを感じるんですか?)非常にセクシーです。
スマートで、非常にピュアな印象をもったシャープさと
言いましょうか…。(略)この人もはかない人だな、という…。
存在自体が痛ましいという印象を受けました。」
(作家・芹沢俊介)

「彼は物凄いスピードで生きていたから、周りにいた人間は
火傷しますよね。誤解されたくないけど、
もう同じような奴は愛せない。本当に愛していましたからね。」
(元ソニーの尾崎を育てたプロデューサー須藤 晃)


「一瞬の動きが実に絵になる人だった。このシーン、
実は片膝をついて前にジッポーのライターを転がし、
持っていた時計にキスをしているのだけど、そんなちょっと
カッコ良すぎるくらいの演出が過剰にならず似合う人でも
あったから、写真を撮りながらぼくはいつも興奮していた。」
((田島照久/アートディレクター・カメラマン)


「尾崎豊の魅力、それを一言で表現するならば、
痛烈なまでの反逆の精神=イロニーを根底に持って
いることである。(略)
本音で生きる直線的で鋭利なあり方、
「制度」から限りなく逸脱していくアナーキーな生き方、
非権威・非体制といった感性は、彼の表現の原点でも
あった。

尾崎は、一つの「場所」に定住することを根源的に望まない。
なぜなら、彼の魂は、たえず本来的な自己、
あるがままの自分、束縛を知らない自由を求めて、
遊牧民のように流浪しているからだ。

「(ツアービデオの映像に触れて)シャツにブルージーンズと
いったシンプルな姿、端正なルックス、長い足、
知的でセクシーな表情等々、日本人離れした尾崎の
カッコ良さが際立つ洗練されたステージ(略)
その姿は美しく、エロティックでさえあった。」
(山下悦子/文芸評論家・女性史研究家)

「この男はきっと精神を病んでいるに違いないのに、
きれいな肉体を持っている。
ホテルのプールで泳ぐ彼を見ながら、そう思った。(略)
長身だ。水を切り裂くように進む。彼の肉体は、
無駄なものを抱えていない。しかし精神の抱えたものは
重いはずだ。(略)逆光気味の強い光線に目を細めて、
美しく輝いている彼を見つめた。」(須藤 晃/プロデューサー)

…というものです。
(尾崎に関する書物から引用しました)。

若者だけでなく、中高年の男女にもファン層は広がって
きています。私も含めて、亡くなってからその存在に
気がついた人も多いようです。

私は、もちろん彼の風貌や、ステージでの
トランス状態の狂気の表情にも惹かれましたが、
なんといってもすごいのは「いろけ、のある声」ですね。
声に思想がある、と言ってもオーバーではないでしょう。
ステージでの語り(MC」の日本語は大変きれいです。

若さゆえの「自分探しの詩」もいいですが、

人間の持つ
「どうしようもない根源的な寂寥感、孤独感」を表した
詩と声に、心をわしづかみにされてしまいました。

歌とステージパフォーマンスから、たくさんの励ましも
貰いました。「弱さを含めて、自分をさらけ出す強さ」
に魅力を感じたのです。

お墓には
「生きること、それは日々を告白してゆくことだろう・
放熱への証」
と銘うたれているように。


尾崎・22歳の時の、最初で最後のテレビ出演
「夜のヒットスタジオ」
YouTubeという動画ポータルサイトで観れます。

よかったらどうぞ。

尾崎豊を 「I LOVE YOU」や「15の夜」としか
把握してない方は、ぜひ聴いてください。

「太陽の破片」を歌っています。
(司会をした古舘伊知郎の若いこと!)

あっ! 今Youtube観たら、編集されたのか
古舘さんの司会の場面はなくなって

カバー司会が徳光 和夫に替わっていたよ。


  
動画 http://www.youtube.com/watch?v=LgCGjwqKvTc

太陽の破片の画像はこれが一番気に入っています。


まだお時間のあるかたは
下記もついでにポチっと押してくださるとうれしいです。
  http://www.web-okan.net/essay7.html
「エッセイ・ステージ」

今回は、「このブログの表題とどこが関係あるんや!」
と叱られそうな文章ですが、
尾崎豊の命日に免じてユルシテください。

下の画像は、尾崎の写真を勝手に使えないので、
替わり?におばさん歌手が尾崎の「ダンスホール」を
歌わせて貰った、ライブステージの写真を入れました。

stage2.jpg

見たくないお方、ゴメンナサイ!!
私が歌えるのは
「ダンスホール」と「黄昏れゆく街で」の2曲だけ





posted by 茉莉 at 15:31 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

松坂 対 イチロー

松坂 対 イチロー

今朝、
12日のテレビはドキドキしながら観ました。

米大リーグ・
「レッドソックス 対 マリナーズ」というより 

「松坂 対 イチロー」→ 怪物と天才の対決です。

あーあ、
本拠地ボストンでのデビューで松坂、初黒星。

先発登板をして、7回を8安打3失点、残念ムネン!

イチローには勝った(4打席無安打)けど、城島には打たれた。
(2年ぶりの対戦だった城島には二塁打を2本浴びた)。

21歳になったばかりのマリナーズ、ヘルナンデス投手に
負けたんだわ。
あまりにも、ヘルナンデスの出来が良すぎたのか、

それとも、ボストンの打線が前日の打ちすぎの疲れが
出たのか、
ちょっと松坂には不運だったような気もします。


第1戦(4月5日(現地時間)のロイヤルズ戦)
では松坂スバラシカッタんだけどなあ。

7回1失点10奪三振の好投で初勝利を挙げたんだもんなあ。
スゴカッタヨ、松坂!!


思えば、あれは9年前…

横浜高校時代の夏の甲子園、

テレビの前で、食事の支度も投げ出して見ほれていました。
松坂の大活躍。

PL学園をやっつけ(17回延長で250球を投げ完投勝利)、
決勝戦では、59年ぶり史上2人目となる
決勝戦ノーヒットノーランという快挙をとげ、
圧倒的な活躍で春・夏連覇を達成した…

まさに「平成の怪物」でした。

あの時からの大ファンなんです。


まあ、まだ1勝1負。先は長いよね。


かたや、スポーツニュースによる、イチローの紹介…

「メジャーでも04年にシーズン262安打の
大リーグ記録を樹立。
米国でも孤高のプレーヤーとなったイチローは

「闘志をかきたてる投手が少なくなっている。
僕の奥底に眠っているものを、わき起こしてほしい、
と誰よりも松坂のメジャー入りを歓迎していた。」
そうです。


「午後7時11分のプレーボールと同時に
松坂と対戦した第1打席は、投ゴロに倒れた。

凡打したイチローは一塁から三塁側ベンチへ戻る際、
マウンド付近を横切ったが、松坂を一瞥(いちべつ)もしない。
前日の笑顔の対面から一転、ぴりぴりとした真剣勝負の
雰囲気が、場内に伝わってきた。
(毎日スポーツ記事)」そうです。

がんばれ!松坂、がんばれ!イチロー


ところでレッドソックスの本拠地「ボストン」は
日本の京都と姉妹都市だったのをご存知ですか?

アメリカ独立の歴史はこの街から始まり、
近代的な建物の間に歴史的な建物が点在している
ところや
50以上の大学がある学園都市であることなど
共通の項目があります。

学生の町なので住民の平均年齢も若く26歳!だそうです。
(テレビからの受け売りです)


若きスポーツ選手たちは、年くったおばさんに
気持ちの若返り(わくわくドキドキ)をプレゼント
してくれます。

ついでに、サッカー選手ではエレガントな足さばきの
中村 俊輔大好き〜〜!





posted by 茉莉 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あっちこっち

あっちこっち

私の友達に
不動産の売買の仕事をしている人がいます。

賃貸住宅の紹介もやっている、
従業員7人ばかりの小さな会社です。

そこで働いている若い営業マン、
20代のAくんの話です。
採用時の面接で、「声が一番大きかった」だけで、
採用されたそうです。

毎日、マンションや建て売り住宅を売り込みに、
外を飛び回っているわけです。
全員で朝の打ち合わせが済むと
すぐに会社を出て、夕方事務所へ帰ってきます。

帰ってくると、即、
「今日はどこどこへ行って、どんな売り込みを
してきたか」営業日誌に書き込みます。
営業マン(ウーマン)はどこでもやっていることですね。

私の友人のその社長は、その日の日誌に目を通します。
そしていろいろアドバイスをします。

ところが、この新米営業マンのAくんの日誌には、
詳しいことは何にも書いていなくて、行ってきた先は
「あっちこっち」しかないそうです。

社長が何回「もっと詳しい報告をしろ!」と
叱っても、毎日書くことは「あっちこっち」だけ。

アハハ。あっちこっちには違いないわ。

3ヶ月続いたのですが、Aくんの営業成績は
トップだそうです。

「バカでかい声で、売り込み必死でやっとるんやろ」と
社長はまんざらでもなさそう。

数年経って、Aくんは独立して今は社長として
頑張っているそうです。


最近、うちの3歳の孫(女の子)に、
「おとうさん、どこへ行ってはるのん?」と聞くと

「かいしゃ」と答えます。
「会社でなにしてはるのん?」と聞くと、
「ごようじしてはるねん」と答えます。
(アハハ、ご用事にちがいはないわ)

30代後半のこのパパも、毎日毎週、営業で
全国あっちこっち飛び回っています。

どちらのお父さん(お母さん)も、
毎日、会社でお仕事ご苦労さんです!!

ウチのおとうさん(夫)も、転勤や転職で
あっちこっち行きました。
おかげで、家族全員右往左往!!
いや、おもしろい人生を味わせてもらいました。












posted by 茉莉 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ドラえもん映画観たよ!

ドラえもん映画観たよ!

「ドラえもん・のび太の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜」
「さあ、みんなおいで!!
おばあちゃんが、みんなの大好きな
ドラえもん映画に連れていってあげるからね」

春休み、サクラも咲き初めてお天気はよいです。

おばあちゃんも大好きなドラえもんを観に行こう!
みんな楽しみに待っていたもんね。

…「みんな」というのは、ウチの4人の孫のことです。

でもふたりの孫・男の子は、長男と次男のところで
去年生まれたばかりで、まだカワユイ赤ちゃんたち。
アメリカと東京に住んでいます。

一緒に映画に行けたのは近所に住むムスメの所の女の子。
6歳と3歳で、お姉ちゃんは今年から
小学生、妹は幼稚園へ入学します。

おばあちゃんの家には93歳になるひーおばあちゃんも
いるのですが、週に2回はふたり人の孫たちは

「ひーばー、あそぼ」とやってきます。


ひーばーはちょっと物忘れがひどくなってきて、
玄関で「あんたはどなたですか?」と毎回聞くのですが、
女の子は「Tでーす。Sでーす」と面倒がらずに
自己紹介をしています。3人はとっても仲良しです。

お手玉をしたり、ままごと遊びをしたり
算数の計算をしたり(ひーばーは元小学校の先生だったので、
算数を教えることは忘れていないのです)。
子供たちはその時だけ、ひーばーをソンケイしています。

あっ。
今日はひーばーは、親戚の人が連れ出してくれたので、
おばあちゃんは孫を独占できてうれぴい!!です。

今日はおばあちゃんのフトコロは、
ポッカポカなので(前章ご参照あれ)
孫とムスメと4人で映画を観て、あとは豪華なお食事と
入学(園)プレゼントのお買い物に行こうと、計画しました。

ドラえもんは、いつも孫たちが私のパソコンの
「ドラえもんチャンネル」でぬり絵やゲームをして遊んで
います。
モチロン私も毎週テレビで楽しんでいます。
私はドラえもんとジャイアンの大ファンです。


映画を観ての感想…

3歳の妹は、はじめての映画鑑賞で、
115分!もガマンできるかなと案じられたのですが、
なんのなんの、
ふたりとも「魔界大冒険のハナシ」に夢中で、
拍手したり涙を流したり、「チンカラホイ」を連発したり、
目いっぱい楽しんでいました。
おばあちゃんは、隣に座っている孫の様子を見てカンドー
してました。

この作品、1984年、20年以上前の作品のリメイクらしい
です。
ハリーポッターから続くファンタジー&魔法ブームのなか、
この作品をリメイクしたのだと思いますが…

余談になりますが、私は、ファンタジーでは「ハリーポッター」よりも
「ナルニア国物語(ルイス作」の方が断然好きで、
シリーズ本は子供達が小学生時代に読ませました。
いまでも我が家の本棚にデンと威容を誇っています。
6歳と3歳の孫にはまだムズカシイかな。

第1作「ライオンと魔女」は最近レンタルビデオで借りて
観ました。きれいな画像でよかったです。

小中学生だけでなく、大人にも夢を見させてくれる
超オススメ本です。

ナルニア国物語
『ライオンと魔女』『カスピアン王子のつのぶえ』
『朝びらき丸 東の海へ』『銀のいす』『馬と少年』
『魔術師のおい』『さいごの戦い』


さて、 わが国が誇る漫画・アニメ界の大御所
今は亡き「藤子F・不二夫」原作、「魔界大冒険」のリメイク版。

…ベストセラー作家の真保裕一が脚本を担当し、
監督はドラえもん映画史上初の女性監督である寺本幸代。
ドラえもんたちが魔法の世界で出会う美夜子の声に、
ドラマやCMで活躍中の相武紗季が挑戦している、あと
メドゥーサ役はまちゃみ(久本雅美)です
…という説明はどうでもいいか。

ストーリーはファンタジーあり親子の愛があり、
よかったですよ。


ある日「もしもボックス」で、魔法(まほう)の世界を
つくってしまったのび太くん。
そこには元の世界と同じように、しずかちゃん、スネ夫、
ジャイアンがいるんだけど、みんな魔法を使えるんだ。
魔法が使えないのは、のび太くんだけ…。

そんなとき、魔法を自由にあやつる美少女・美夜子と
その父の満月牧師(まんげつぼくし)に出会う。
牧師の研究によると、魔界星(まかいせい)が
地球侵略(ちきゅうしんりゃく)を企てているという。

平和な世界が恋しくなったふたりは現実の世界に
戻ろうとするが、ママに「もしもボックス」を捨てられて、
帰れなくなってしまう…。

やがて、魔界星はどんどん近づき、地震や異常気象が
起きはじめる。運命に選ばれし「伝説7人の勇者が、
いま立ち上がる! 

はたしてドラえもんたちは地球の危機(きき)を救えるのか?
 (映画解説より)


でもいい音してましたなあ。
あの音響は素晴らしいと思ったら、何とスターウォーズと
同じ音響システムを使ってたんですね。
だから大人には良かったですが、孫たちはちょっと
怖かったみたいです。

「どこでもドア」って便利ですね。こんなのあったらなあ、と
いつも孫たちが欲しがっています。
ドラえもんがねずみを怖がるのは定番ですが、
そのしぐさが非常にかわいらしくて、笑ってしまいました


最後に…
ネットで見つけた小学3年生・男の子の感想文、
オモシロかったので紹介します。

「ドラえもん達が大かつやくして、ドキドキワクワクする
映画です!! そして、見終わったあとはとってもとっても
心があったかくなりました! 一番カンドウしたシーンは、
ドラえもん達が“イッチダンケツ”して
半泣きしながらでも友達のために戦うトコロです。
そのシーンを見て僕も涙がでてきました。

ふだんイジワルなスネ夫とジャイアンも仲間を
助けるため、
イッショウケンメイ戦うすがたがとってもカッコよく
見えました!! 
僕も友達がピンチな時は、ドラえもん達みたいに
助けてあげたいと思いました!! 
えっと、もし、マホウが使えたならドラえもんの
グッズをたくさんだします!!
 あと、僕がドラえもんになります!! 
なりたいです!!ならしてください!! 
もしなれたら家族の役にたつヒミツ道具を
出してあげます!!! おわり」

アッハッハー。かわいらしい感想。

これから、映画を観る方々、楽しんで見てきてください。


posted by 茉莉 at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

愛しい人へ

愛しい人へ

いま話題をよんでいる、大阪発のヒット曲「愛しい人へ」知ってはります?

7人編成のヒップホップ・チーム「ET−KINGの
3rdシングルで
「おまえとおったらおもろいわ、どこのどいつもかなわんわ」という
率直でピュアな言葉連発のハッピーなラブソングなんです。


テレビで流れたのを聞いて、気になった歌なんですが、
なにが気になったかというと…

わたしはこの「おもろい」という言葉、
なかなか含蓄あることばだと思うんでありますな。

大阪人のよく使う「おもろい」「おもろいなあ」…
(平均的に若い女性や年配のおばさんはさすがにクチに
出しませんが、あまり上品とはいえませんのでね)

これは、相手の人に「興味をもつ、共感する、感心する、
気になる」などの思いが含まれていて、

「おまえとおったらおもろいわ」には


「君と一緒にいたら楽しい時間を過ごせるよ、

退屈しないね、

いつまでも一緒にいたい、離れたくないよ、

気持ちが楽でストレスを感じないよ、ハッピーな気分だ」

という最高の褒めことば、なんですね。


言われたひとは全人格を認められた気になって自信が
ついてくるから不思議です。

女性なら愛しい彼に言わせてみたい言葉ですね。


そこでこんな企画が発表されたそうです。

ひとりでも多くの女性に捧げたい、というグループ

の発案で、

「愛しい人へ」のサビの“おまえ”の部分に

「明治安田生命保険相互会社」が集計している

「生まれ年別名前調査」に基づいた女性の名前の

ランキングを126ヴァージョン全て歌い込み、

着うたRにして配信しようという企画だそう。

サチコさんもあきこさんもマリコさん(古いか?)も
楽しく聴いてね。


大阪人らしい商魂たくましい、

「おもろい」アイデアですなあ!


「ご参考までに」

ET−KING

1999年大阪大国町を拠点に結成。
5MC+1DJ+1総合司会(!)のヒップホップメンバーで、
全員ハッピを身に纏って行われるライブは
大迫力&ハイ・テンション!
お祭り・縁日・盆踊り・阪神戦のような熱狂を生み出す。
現在は大阪・通天閣のふもとで男7人共同生活送っている。






posted by 茉莉 at 22:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

恩師の教え

恩師の教え

思い起こせば、あれは小学校6年生の時。

担任のタツミ先生から言われた言葉を今も忘れられません。

「人間というのはね、誰でも良い所と悪い所があるのだから、
その良い所だけに目を当ててつきあいなさい。そうすれば
世の中に嫌いなひとは一人もいなくなるんだよ」

その時は「そんなアホな!嫌いな人はどこまでも嫌いだよ」
と当然ながら子供らしく反発したのです。


先生は当時、大学を出てまだ間なしの20代の青年でした。
別に宗教家でも哲学者でもなかったはずなのですが、
「なかなかの教えであるな」と大人になった今は
理解できるようになりました。

「性善説」なのでしょうが、
「他人の良い面だけに目を向ける、批判したり、悪口を
言わない」という教えはかの聖書にもあるとおり、世渡り
する上でずいぶんと役に立ちました。


その後、中学、高校と進み、社会へ出てからも
「人の良い面だけを見てつきあいなさい」という教えは、
長いあいだ、何となく偽善的で自然な人間の感情を曲げた
解釈に思えて反発したのですが、

人間関係で悩んだり楽しんだりして、経験を積むにつれて
「清濁併せ呑む」ことを知り、「自分も欠点の沢山ある人間、
お互いに仲良くやっていきましょな!」と度量(?)もできて、

人間関係のあつれきは殆どなくなっていきました。

「嫌いな人ゼロ」の状態になるまでは、まだまだ修行が
足りませんけどね。

posted by 茉莉 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。